貿易事務の求人探しのヒント【スキルを磨くことで自己アピール】

会社を選ぶ際の注意点

タクシードライバー

給与以外に見るべき点とは

年齢や経験に関係なく自分の頑張り次第で高給が稼げる、残業がなく休暇が多い、などの理由で人気なのがタクシー乗務員。そうした理由からか、最近では女性や外国人のタクシー乗務員の姿も目立つようになりました。また、大学の新卒での入社も近年では増えてきています。タクシー乗務員の多くは途中入社ですが、前職はIT関係、営業職、フリーターなど、人様々です。タクシー業界は異分野からも参入も容易なのも人を惹き付ける魅力かも知れません。タクシー乗務員の一番の魅力は自分の実力次第では大きく稼げるということですが、多くのタクシー会社が採用している給与体系は基本給と歩合給の二本立てから成ります。基本給は売り上げが少なくても最低限の賃金は保障されているので安心ですが、稼ぐためにはお客さんを多く乗せて歩合給で稼ぐ必要があります。歩合率は会社によって違いがありますが、大体60〜65%に設定されている会社が多いようです。仮に歩合率を60%として1日の売り上げが約5万、月に20日稼働すれば5×20×0.6=60万円の歩合になります。これに基本給がプラスされたのが1ヶ月の給料となります。初心者の方が求人を探す場合、給料の良さに目を惹かれるばかりでなく、福利厚生もよくチェックする必要があります。健康保険や雇用保険、厚生年金などの社会保険が完備されているか、ボーナスや家賃補助はあるのか等々、給料の高さばかりに惑わされず、こうした福利厚生部分にもしっかりと目を向けたいものです。タクシー会社の規模も零細から大手まで様々にあります。一般的に零細は自由度が高く、一匹狼的に稼ぐベテラン向けの雰囲気があり、初心者の方なら研修制度や福利厚生が整っている大手の方が向いているかもしれません。大手はドライバー管理がしっかりしているので自由度は落ちますが、大企業などを顧客に抱えていることも多く、顧客を確保しやすいというメリットもあります。

Copyright© 2018 貿易事務の求人探しのヒント【スキルを磨くことで自己アピール】 All Rights Reserved.