貿易事務の求人探しのヒント【スキルを磨くことで自己アピール】

ディレクターを目指す人へ

複数の人

webディレクターとして転職するためには、目的や方法があります。webの他の分野からwebディレクターにレベルアップする時には、デザインやコーディングの基礎やコミュニケーション力など多方面の能力が必要になります。

詳しく見る

仕事選びの基礎知識

タクシー

未経験者がタクシードライバーの求人を探す場合には、働きやすさを重視するべきであり、経験者は高収入が実現しやすい会社を選ぶのが理想的です。大手無線グループや電鉄系の会社は、高収入が得られるために人気があり、スキルアップが実現できる独立系の会社も魅力的です。

詳しく見る

働きやすい職場

オペレーター

今や様々な場所に存在しているコールセンター。仕事のやりがいを感じやすく、服装も自由なことが多いことからお仕事を求める人からも人気があります。求人を探している方は、電話での接客のお仕事に注目してみましょう。

詳しく見る

会社を選ぶ際の注意点

タクシードライバー

年齢や経験に関係なく実力次第で稼げると人気なのがタクシー乗務員。最近では異分野業種からの参入や女性の進出も多くなっています。タクシーの給料は基本給と歩合給になっている場合が多く、こっちの方が完全歩合制より初心者の方は安心です。また、給料の他に福利厚生もしっかりチェックしておきたいものです。

詳しく見る

総合的なイメージを得る

トラック

貿易事務の業務を行う時は、英語力と貿易に関する知識とパソコンスキルが必要になります。求人情報を見る時は、その業務で何が求められるかを上手く把握することが大切です。貿易事務では英語でのコミュニケーション能力を活かすことできます。

詳しく見る

貿易に携わる仕事を探す

女性

探し方について

貿易事務とは、輸出や輸入に関わる事務作業を行うことです。貿易事務に求められるスキルは英語で、特にビジネス英語が必要です。また貿易関連の知識を有していることも求められますが、一人で行うことはほとんどありませんから就職後に勉強をして覚えていくというケースも多くあります。また基本的には法律や国際ルールに則った手続きですので、それほど難しいものではありません。一方で貿易事務で働くための道はかなり狭いものです。貿易事務として求人を出しているところもありますが、その多くは経験者が優遇されます。未経験者でも英語が出来たり、コミュニケーション能力が高い、または通関士の資格を有しているという場合には採用される可能性もありますが、小さな会社ではやはり求人では即戦力が求められます。このため最初の一歩としては貿易関係の会社に就職することからスタートする人も多くいます。もっとも貿易関係の会社に就職したからといって貿易事務に携わるとは限りません。いずれにしても貿易事務として働きたい場合には、貿易関係の求人に積極的応募したり、スキルを磨くことで自己アピールできる状態にすることが大事です。求人では未経験者でも良いとしているところもありますが、やはり資格を有している方が有利です。さらに、貿易事務はあくまでも事務仕事ですので、事務処理能力が高いことをアピールできる必要があります。このため英語や貿易のスキルのほか、事務処理に関する資格を有していることも求人募集で有利になります。

Copyright© 2018 貿易事務の求人探しのヒント【スキルを磨くことで自己アピール】 All Rights Reserved.